メニュー

バイナリーオプションを0から攻略する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

もくじ

不安を抱えたまま投資しないためにバイナリーオプションの仕組みをわかろう

バイナリーオプションは投資の中でもカンタンで超短期間で安価です。

まさに、うまい!はやい!やすい!が三拍子そろった状態だと言えます 。

安い早い旨い

どうやってトレードをすればいいかということを考えて、いろいろなロジックを調べたり、自動売買ソフトに手をだしてしまう人もたくさんいると聞いています。

まずは、しっかりと仕組みを理解して、資金管理を学ぶことが重要です。

ロジックや投資方法は後回しにして、まずはバイナリーオプションがどういうものなのか理解しましょう。

どうやって取引するの?

バイナリーオプションのいいところは、カンタン、はやい、安い、です。

まずは投資方法と仕組みがカンタンだということ。

単純取引

バイナリーオプションは二者択一の投資方法です。

begin

例えば、30秒後に値段が上がっていくのか、それとも下がっていくのかということを当てるゲームのようなものだと考えれば、わかりやすいのではないでしょうか?

もし、1万円を投資したとして、予想が的中していたら、だいたい8千円が利益としてもらえます。

逆にハズれてしまったときは、投資をしていた1万円がなくなってしまいます。

たったこれだけの仕組みでバイナリーオプションを使って利益を生めるんです。

利益については、ドル円の取引とユーロドルの取引では利益になってくる倍率が変わってくることもあります。

投資した金額の80%が利益だったり、少ないものでは65%、高いものでは100%の利益を得られます。

会社ごとにも違いはあるので、確認してみることが重要ですね。

最速取引

次にとてもはやいということ。

begin2

先ほど例にも挙げてみましたが、バイナリーオプションは最短30秒で終わります。

FXや株は、エントリーをしてから、自由に決済する時間を決められますが、利益が出ていれば、もっと利益を増やしたいと思い、損していれば、きっと回復するだろうと思ってしまうことが多いです。

バイナリーオプションは期間も決まっていますし、短期間で取引すると決めてしまえば、1分以内に投資の結果を知れます。

扱える商品も、FXで使っているような為替はもちろんですが、日本株、外国株、金、重油などを使って取引することができます。

たくさんの金融商品が扱えるので、自分の身近な投資商品を使って利益を生むことが可能です。

少額取引

最後に、バイナリーオプションの特徴として、ほかの投資と大きく違うことは、投資する金額が少なくても始められるということです。

begin3

会社によって様々ですが、最低金額は100円のところもあるので、投資と聞いてたくさんのお金が必要なんじゃないか、と思っている人にも安心な仕組みになっています。

カンタンで短時間、そして、どの投資よりも少ない金額で始められることがバイナリーオプションの取引の仕組みです。

誰と取引するの?

投資を経験したことがない人もいると思いますが、取引をする相手はお客さんだったり、証券会社だったりします。

個人間取引

例えば、為替で考えてみましょう。

begin4

100円持っている人と、1ドル持っている人がいたとして、それをお互いに納得して交換するというのが、基本的な取引の考え方です。

その間に、証券会社が入ってきます。

証券会社は、株の取り引きをするところと思い描きがちですが、FXなども取り扱っているので、ここでは、お金の両替も証券会社がやっているとイメージしてみてください。

100円持っている人と1ドル持っている人が、町で偶然出会っていきなり交換する、なんていう話にはならないので、そういった人が集まってくる場所として証券会社がいます。

そして、証券会社が1つだけでは、たくさんの人が取引できないので、たくさんの証券会社が立ち上がります。

取引所取引

証券会社がたっくさん集まって証券取引所ができていきます。

begin5

いわゆる市場というやつですね。

これは金融機関、例えば、銀行とか証券会社同士が取引するためにも証券取引所ができているという理由もあります。

たくさんの人や会社が集まっていろんな国の通貨を売ったり買ったりすることで、取引も活発に行われます。

そして、為替の市場ができてきたという流れで個人個人の取引がカンタンにできるようになっています。

店頭取引

また、取引をする相手がいないときは証券会社と取引をすることもあります。

begin6

店頭取引と呼ばれるもので、お金を替えたいと思っている人が証券会社と取引をするというようなイメージを持ってもらえればOKです。

証券会社と取引するというと、すべてお金が会社に奪われているんじゃないかと錯覚する人もいるかもしれませんが、安心してください。

あとで法律についてしっかりと触れていきますが、金融の法律はかなーり厳しいので、店頭取引も法律上で厳しく規制されています。

まずは、お客さん同士で取引する方法と会社と取引する方法があるということを覚えておきましょう。

バイナリーオプションの取引方法

ところで、バイナリーオプションはどのような取引になるのかというと、ほとんどが店頭取引になります。

それは市場がまだできていないという理由が一番の理由です。

大量の取引があれば、お客さん同士の取引も生まれてきますが、まだまだ、それだけの量がないのが現状です。

金融機関同士でバイナリーオプションを使って取引することが少ないのも、市場ができていない理由の一つでですね。

逆にいえば、取引所が出来ていないほど流通量が少ないということは、攻略する方法もたくさんあるということです。

begin7

そして、会社との取引になることを知っていても、取引には何の影響もないかもしれませんが、決してバイナリーオプションの会社がお金を奪うようなことをしているわけではないので、安心して取引しましょう。

どんな法律があるの?

バイナリーオプションは証券会社が扱っている金融商品の一つです。

begin8

有価証券関連店頭デリバティブ取引と法律上では呼ばれています。

まだまだ一般的にバイナリーオプションがどんなものか知られていないということから、ほかの金融商品とひとくくりにされているんですね。

日本の法律だと金融関係の法律は内閣府令という名前で出されることが多く、一般的に使うような言葉で書いていないのでわかりにくくなっています。

日本の証券会社が集まって作られている、日本証券業協会でも、バイナリーオプションの規制についてが載せられています。

法律として詳しく知っておく必要なありませんが、ギャンブルや賭博のようなものではなく、しっかりとした金融商品だということは知っておきましょう。

バイナリーオプションに詐欺被害があったなどという情報がありますが、金融庁が管轄しているもので、安心、安全な商品であることは間違いないので、変な情報に流されないことが重要です。

大切な資金をなくしてしまわないようにバイナリーオプションの資金管理を知ろう

ここまでバイナリーオプションはどんなもので、取引の詳しい内容と関係している法律を簡単に説明してきました。

バイナリーオプションの取引でどうやって利益が生まれてくるのかというのもわかったかと思いますが、大きく利益を上げるにはどうしていけばいいのか、ということにも触れていきましょう。

 

begin9

前の仕組みについて触れたところでは、トレードをした時に、予想が当たっていれば、おおよそ80%が利益になるという話をしていましたね。

では、5万円持っていたとして、100倍の500万円にしたいと思ったときにはどうやって投資をすればよいでしょうか?

5万円をすべて投資して予想が当たれば、一回の投資で4万円がもらえます。

これを続けていけば、5万円、9万円、16万円、29万円、52万円、94万円、170万円、306万円、550万円と倍々に増えていきます。

単純にすべて予想が当たっていれば、8回目で目標の金額になることが分かってもらえると思います。

しかし、もし、一回でも外れてしまったとしたら、5万円はなくなってしまいます。

二者択一なので、絶対に外れないような方法でもない限り、こんな方法でうまくいくことはないんです。

では、5万円の資金を500万円にするには、どれくらいの金額がちょうどいいのでしょうか?

こういいたことを考えることが、資金管理です。

まずは、ちょうどいい金額を見つける方法について考えていきましょう。

1回の投資資金はいくらがちょうどいい?

先ほどもお話ししましたが、お金を失ってしまうのは、誰だって嫌なものです。

バイナリーオプションは投資なので、お金を増やすこともできれば、同じくらいの確率でなくしてしまうこともあります。

お金をなくさないためには、何回も投資をすることで、少しづつ増やしていくことが望ましいといわれています。

一発勝負とか、根拠のないような投資をすることで、一瞬にして持っている資金を失ってしまうということを、本でも雑誌でもよく目にしますよね。

投資で負けてしまう多くの問題は、一発逆転を狙って一度に大きな金額を投資することで、資金が消えて行ってしまうということが問題なのです。

今持っているお金を少しづつ増やしていけるように、勝率を意識してお金を増やします。

二者択一の問題であれば、50%の確率で勝つことができますよね。

ここから勝てるようなノウハウや技術を身に着けて勝率を上げていくんですが、ここには数字だけでは見えない現実があります。

それは、勝率が安定するまでにはたくさんの回数が必要だということです。

例えばコインの裏表を当てるゲームをしたとしましょう。

勝率が50%なら10回やって、5回が表、5回が裏となるはずですが、そうなることのほうが多くはなくて、どちらかに偏ってしまいます。

シーケンス 01

 

6回が表とか、7回表が出たとか、そんなことはよく起こることなんです。

これは100回、1000回と回数を多くしていくことではっきりとした勝率が出てきます。

つまり、いくら60%で勝てるロジックがあったとしても、それを実現するには、かなり多くの回数を投資しなければいけないんです。

もしそれを知らなければ、予想と逆になってしまうことが多くなってしまったときに、連敗をして、資金が底をついてしまうかもしれませんよね。

そうならないためにも、できる限りたくさんの回数をこなせるように、資金を分散して投資していくことが望ましいです。

持っているお金の100分の1で投資すれば、どれだけ連敗したとしても、100回は投資できますよね。

100回だけでは、勝つこともあれば負けることもあるので、回数としては全然足りません。

本当に安定した数字を出すためには少なくとも1000回は回数を増やしていくことが必要になります。

しかし、持っている資金の1000分の1で投資すればいいのかというと、そういうことではありません。

5万円持っていて、500円の投資を1000回も続けると言ったら、かなり時間もかかってしまいますよね。

理由はこの次の話でまとめてありますが、投資する金額としては100分の1でちょうどよくなります。

安定した勝率を意識して、資金をいきなりなくさないようにするのであれば、たくさんの回数を投資できるようにしましょう。

投資する金額はどれくらい?

どのくらいの金額を用意すればよいかというお話ですが、結論を先に言うと、余裕資金をもって投資することが有効だという話になります。

先ほどお話しした1回の投資金額だけではなく、自分の給料や所得の中からどれくらいの金額を投資すべきかという問題もあります。

銀行や金融機関で投資をするときには、貯金の中から無理のない程度の金額にして、途中でやめなくても済むような金額にしてください、と勧められるでしょう。

バイナリーオプションも基本的な考え方は同じです。

生活できなくなるような資金を投資することで、人生を棒に振ってしまうなんて言うことは、はっきり言って、本やテレビの中の情報だけで満たされていますよね。

自分自身が波乱万丈な投資生活を送りたいのであれば、止めはしませんので、お金を失う覚悟で行ってください。

安定して投資をしたいのであれば、生活に支障のない金額で投資するべきです。

バイナリーオプションも同じように、無理のない資金で投資すれば自分の生活は守られるでしょう。

しかし、バイナリーオプションの大きなメリットは、クレジットカードが使えるということです。

今持っているお金ではなく、クレジットカードでお金を借りて使うことが許されています。

言い換えてしまえば、お金がなくても投資ができるということです。

勘違いをしてもらわないようにあえて伝えておきたいんですが、クレジットカードでお金をたくさん借りて全部投資しましょうという話ではありませんよ。

まずは、自分の持っている中で投資できるお金を使いましょう。

クレジットカードを使うのは、投資する資金が勝率の偏りによって少なくなってきたときの、補てんとして使いましょう。

補てんするんであれば、先に投資をしても同じだと思われるかもしれませんので、投資する資金の総額から考えてみましょう。

自分が投資をすることができる総額は、いま自分の通帳の中で投資できるお金と、クレジットカードで借りることができるお金の合計です。

例えば、その合計額が50万円だとして、100分の1のお金、5000円を投資していったとしましょう。

20%ほど負けてしまったときには、最初の状態に復活するためには10万円を新たに準備しなければいけませんよね。

もし、自分の持っているお金が40万円で、20%負けてしまったとしたら、追加する資金は8万円で済みます。

begin10

しかも、この8万円は自分のお金ではなく、クレジットカードで借りて補てんすることができるんです。

こうやって勝率が安定するまではクレジットカードという余裕資金を持つことで、お金を失うことなく投資することができるようになります。

ここまでは、余裕資金をクレジットカードで持っておきましょうという話でしたが、カードが使えなかったり、どうしても自己資金だけで行いたいという場合もあるかと思います。

そういった場合は、資金の20%程度を余裕資金として持っておいて、投資する金額を押さえておくといいでしょう。

一日にどれくらい投資していけばいいの?

ここまで、資金管理について、かっこよく言えば、一日の投資資金額と資金調達方法について話をしてきました。

最後にどれくらいのペースで投資すればいいかについても触れていきましょう。

何回も投資をすることで勝率が安定します、というお話をしましたが、一日で何千回も投資するとしたら、何時間もパソコンやスマートフォンの前に張り付いていなきゃいけなくなりますよね。

そこで、どのくらい増えたらやめにするとか、どのくらい減ったらやめにする、という目標を決めていくことで、無駄に投資しないような仕組みを作っておきましょう。

いい投資方法が見つかったなーと思ったら、そこまで当てはまっていないような状況でも無駄に投資を始めてしまったり、せっかく時間を作っているのだから投資しようという思いでエントリーしてしまったりします。

無理に投資を開始してしまうと、負けてしまうことも多くなりますので、できるだけコントロールして投資できるような仕組み作りが重要です。

この目標設定では、何回投資するという、回数を目標にしてしまうと、むやみな投資を助長してしまうことになります。

回数を目標にするのではなく、何万円とか、何%増とかという目標にして、1回か2回勝てばいいような、少ない目標値にすることがいいです。

begin11

もし、目標以上にやりたい場合は、もう一度目標を同じようにたてて投資すればいいだけなんです。

それよりも、高い目標で、無理に投資しないとクリアできないという状態をつくらないことが、資金管理として望ましいスタイルになります。

もし、投資できないような状態だったら、思い切ってトレードしない日があるくらいがちょうどいいんです。

1回の資金、用意する金額、目標金額を決めて、安全にトレードしていきましょう。

安全に取引できる会社を見つけてバイナリーオプションの口座開設をしよう

勝てるトレード手法についてはやく知りたいという気持ちがあると思いますが、トレードをしていくためにも口座開設をしていきましょう。

口座を開けるには、会社をどこにするか選択する必要があります。

バイナリーオプションの会社は、海外にもたくさんあるので、トレード手法やロジックというよりも、使える時間や生活によって絞っていくといいでしょう。

begin12

安全に取引できる会社とそうでない会社の違いで、問題があるとすれば、まずは、資格の有無になります。

これは、法律についてのところで、カンタンに説明しているので、こちらを参考にしてくださいね。

そのほかの問題といえば、大きく分けて2つの問題があるはずです。

ちゃんと取引できるシステムなの?

トレード中にしっかりと約定できないという問題がある、という情報があります。

例えば、ここで投資をしたいと思って、クリックをしても、ポジションを持った時には、少し不利なレートになってしまいます。

これは、システム上の問題です。

いくらインターネットが高速だといっても、サーバーまでの物理的な距離を埋められるものではありません。

光の速さで情報を入手したとしても、システムがクリックを処理するまでの時間や、サーバーから情報を入手する処理時間というのは、どうしてもかかってしまいます。

かかる時間としても、人間が電話で受けてから、調べてやるよりも、断然早く、かかったとしても1秒から2秒程度です。

その時間の間にほかの人が取引をしていれば、少しズレて投資することになります。

ただ、それは不利な状態だけではなく、有利な状態もあるのです。

人間の記憶は、有利な時が多くても、不利な時のほうが印象が強く残ってしまうので、会社に対しておかしいと思ってしまいます。

ずっと不利な状態が続いているというのは、錯覚なんです。

もしシステムとして有利なものを使いたいと思うのであれば、PCの画面で取引するだけではなく、MT4というトレードツールが使えるような会社を選びましょう。

begin13

MT4というのは、FXで普及しているツールです。

ほとんどのFX会社がMT4でも使用できるようにシステムを開発しているので、安心できるかもしれません。

バイナリーオプションのシステムに問題があると感じることがあればMT4を利用できる会社を選びましょう。

ブラウザ上で問題があったとしても、システムをすぐに改善できるようなものではないので、別の会社を選択するようにしましょう。

お金がちゃんと引き出せないって本当?

トレードをしていて、勝ったとしてもお金が出せなかったという情報があります。

これは、2つの原因があって、多く挙げられているのは、海外とのやり取りの問題です。

基本的に、海外の会社はサービス面で不十分な場合が多くあって、メールの返信が1週間か2週間かかる場合があります。

もし、出金の申請を出していたとしても、すぐに対応されることがほとんどですが、一向に連絡がこないで、返信が来たのは、翌日とか、1週間後ということがあるんです。

取引をしているユーザーとしては、1万円でも10万円でも大きいお金なことに間違いはありませんよね。

しかし、海外にある会社だとすれば、サポートをする時間帯もずれていれば、日本語対応でも、出金の意図が伝わっていない場合もあるでしょう。

例えば、出金の申請をしていても、返信がすぐに来ないので、トレードを再開しているという状態であれば、会社側は、間違って出金の申請をしたのかもしれないと思う可能性だってありますよね。

海外の会社は、対応が遅いということを念頭に置いていれば、この問題は解決できます。

もし、不安な場合は、メールだけではなく、電話でもサポートしている会社を選択することがいいでしょう。

begin14

システム上で出金を申請し、メールでも連絡をし、電話でも連絡をします。

出金についての問題があるという情報は、連絡がつかないことで起こっていることがほとんどでしょう。

お金が出金できたとしても、その情報が消えないので、危険だと言われているだけなので、出金できるかどうかは問題だとは思わないでおきましょう。

日本の安全な会社でやればいいの?

日本でバイナリーオプションをやっていくことも可能でしょう。

しかし、日本では規制があって2時間以上でしかトレードができないようになっています。

日本はギャンブル依存症率が他に類を見ないほど高く、お金の教育も満足にされていないため、金融に対する規制が厳しくなっています。

begin15

漠然としたイメージでいえば、日本にある会社のほうが安全だと思うのかもしれませんが、口座が凍結してしまったり、お金が引き出せなかったり、不正だといわれてしまうこともあります。

どこの国だとしても、同じような問題は発生してくるので、日本か海外ではなく、別のところで安全かどうかを判断しましょう。

長く続いている会社がいい?

バイナリーオプションがそんなに歴史の長いものではありませんので、昔からある会社といってもそんなに長いわけではありません。

せいぜい10年たっていれば、長い会社といわれるでしょう。

もし、証券会社として、昔から株の取り引きをしているような会社だとしたら、会社の歴史は長くなっているかもしれませんが、それでも、バイナリーオプションの事業としては同じくらいのものです。

会社を続けていけたとしても、スイスショックでつぶれてしまった会社もあれば、赤字になってしまっている会社もあります。

歴史の長さだけにとらわれていたら、長く続いていれば大丈夫だろうという、保証のない安心感だけで取引をしてしまうことになりかねませんよね。

begin16

インターネットが発達して、スマートフォンが主流になっている時代の流れから考えれば、逆に新しい会社のほうがいいとも言い換えられるでしょう。

会社の歴史が長ければ、安心感があるかもしれませんが、それだけで決めてしまうのは、多くの問題があることを理解してください。

安全な会社と危険な会社ってなに?

ここまで、資格があるかどうか、システムがMT4に対応しているかどうか、連絡が遅いなどという問題を挙げてきました。

しかし、それでも本当に安全なのか、と不安に思う人もいるのではないかと思います。

お金が増やせるのか、ちゃんとトレードできるのか、手元にお金が届くのか、など、わからないことが多ければ多い分だけ怖いと思ってしまうものです。

そこで、はっきりとした、会社を選ぶポイントを紹介しておきます。

どれくらいのコストをかけて継続的に会社を運営していき、上場を目指しているのであれば、株主に対しても広告のコストをかけていることが考えられるので、安全だという判断ができます。

わかりやすく言えば、お金がかかっていればいるほど、長く会社が続くだろうという予想がつくということです。

少し視点を変えて考えてみれば安心に感じるところも増えると思うので、バイナリーオプションの会社を行うにはどうすればいいのか、ということをお伝えします。

バイナリーオプションを行うには、トレードするシステムさえあればできます。

バイナリーオプションを無資格でできるのかというと、答えは、「はい」です。

日本にある会社が無資格でやっているということは、ほとんどないといっていいでしょう。

その理由は、日本が無資格で行うことを規制していて、銀行やクレジットカード会社と取引ができないようになっているためです。

海外では、まだバイナリーオプションの規制がない国もあるため、その国に資格がなければ、銀行も、決済会社も取引をするので、バイナリーオプションの会社が成り立ってしまうのです。

もし、バイナリーオプションの規制がある国だとしたら、その国の資格を取らなくてはいけないので、取得のためにお金を払って作っていることになります。

もし、安くバイナリーオプションの会社をやるのであれば、海外でシステムを買って、海外に会社を立てて、海外で決済会社と契約するという流れになるでしょう。

はっきりとした金額はわかりませんが、だいたいの計算で行けば、300万円程度に実費がかかってくる感じではないでしょうか?

無資格の会社が新車を買うのと同じくらいだと考えると、かなり安心感はないですよね。

だから、資格もあって、お金をユーザーのために使っている会社を選ぶことがはっきりとした選ぶ基準になるんです。

begin17

安全でお金のかかっている会社とはどんな会社でしょうか?

それは、FXもバイナリーオプションも運営しているという会社です。

FXは海外でも規制が厳しくなっているので、資格を取るにも、運営するにもお金がたくさんかかります。

もちろん国によって資格取得の費用は違ってくるはずですが、資格を取るだけで2000万近くの費用がかかります。

FXとバイナリーオプションの両方をやっている会社が、たくさんのお金をかけていて安全だといえるでしょう。

勝ってお金を増やしていくためにバイナリーオプションの投資方法を学ぼう

ここからが勝つための方法になります。

勝つためのロジックは、セミナーや、スクール、本、教科書、情報商材とたくさんのものがあります。

しかし、すべてに共通していることは、100%うまくいく方法は絶対にない!ということです。

投資には絶対という言葉がありません。

だから、いいロジックを期待しても無駄になってしまうかもしれません。

どんな情報だとしても、教えてもらったことをそのまま使うのではなく、「やっぱりそうやってやるよね」と共感できるようになりましょう。

そのためには、実戦でトレードしないと共感できないと思います。

まずは、初めてでもトレードできる準備をして、簡単なロジックを使っていきましょう。

MT4でトレードできる準備をする?

トレードを始めるためにも必須のツールを取得していきましょう。

MT4を使ってトレードできる会社であれば、そのまま使っていればいいですし、もし使えない会社だとしても、チャートを見てトレードの判断をするために使うことも多いので、取得していきましょう。

もし、口座開設をした会社が独自にMT4を出している場合は、そちらをダウンロードしてください。

MT4については、1.ダウンロート、2.インストール、3.デモ口座設定の順で説明します。

MT4ダウンロード

MT4はメタクオーツ社というところが、開発をしています。

単純に、MT4と検索してしまうと、別のものが検索として挙がってしまうこともありますので、公式サイトからダウンロードするようにしましょう。

b1

「metaquotes」と検索することで公式サイトを見つけることができますので、検索で見つけたい方は、このワードを検索してください。

b2

公式サイトのURLはこちらになっております。

http://metaquotes.co.jp/

メタクオーツ社のサイトが表示されたと思います。

b3

サイト内の「MetaTrader4」をクリックしましょう。

b4

この画面が表示されたら、サイトの左側にあるリンク情報をクリックします。

リンク情報がクリックできると下のような画面が表示されます。

b5

サイト中央にMetaQuotes Software社 サービス情報サイトリンク集と表示されればOKです。

紹介サイトをクリックしていきましょう。

b6

MT4がダウンロードできるサイトになっています。

「Download MetaTrader4」をクリックします。

b7

このサイトが表示されるので、下にスクロールして、ダウンロードボタンをクリックしましょう。

b8

実行を押して進めていきましょう。

いったん保存をした場合も、すぐに実行できるボタンがある場合は、クリックします。

ファイルがダウンロードされている場合は、ダウンロードフォルダを開いて、ダウンロードしたものをダブルクリックして、先に進んでください。

b9

MT4インストール

実行ファイルを開くと、パソコン上で認証画面が出てくる場合があります。

その場合は、「はい」を選択して、インストールに進みましょう。

b10

ファイルを開いたら、規約を読み、同意するにチェックを入れて、次へをクリックしましょう。

すぐにMT4のコミュニティサイトが開きます。

b11

このサイトは、MT4の使い方などを共有する場所になっていますが、あまり使うこともないと思います。

b12

インストールが終わりますので、完了をクリックしてインストールは終了となります。

b13

MT4デモアカウント取得と設定

b14

MT4が立ち上がって、画面が表示されます。

b15

次へをクリックしていきましょう。

b16

今回はデモ口座を取得するので、「新しいデモ口座」にチェックを入れて、次へをクリック。

b17

必須事項をすべて入力していきましょう。

必須情報は

  • お名前
  • 国名
  • 都道府県名
  • 市町村名
  • 郵便番号
  • 住所(続き)
  • 電話番号
  • Email
  • 口座タイプ
  • 通貨種別
  • レバレッジ
  • 証拠金

です。

b18

「ニュースレターの受取りに同意します」にチェックを入れて、「次へ」をクリックして進みます。

b19

「完了」をクリックしてデモ口座の開設は完了です。

b20

下記のような画面が表示されればMT4の導入に成功です。

b22

 

チャートの見方を理解する

チャートがどうやってできているかというと、一人一人の取引によって価格が決まっています。

例えば、ドルと円をいくらで交換できるかというチャートがあります。

1ドル100円とか120円で交換できるというのは聞いたことがあるかと思いますが、現在のレートというところを見れば、1ドルを何円で交換できるのかということが分かるようになります。

交換する値段のことはレートと呼ばれます。

このレートが連なってチャートができているんです。

チャートは、期間別に表示することができます。

1分間、5分間、15分間、30分間、1時間、4時間、1日、1週間、1か月というように表示を切り替えることができるので、どのようにチャートが変化したのかも知ることができます。

チャートを見てもらえば、上がっていったり、下がっていったりということが分かると思います。

これは、上昇に向かっている傾向だったら上昇トレンド、下がっている傾向だったら下降トレンドと呼ばれます。

チャートはどんなところを見ても、上昇トレンドか下降トレンドのどちらかか、同じレートで横ばいになったままの停滞状態になっていると思います。

どんなチャートも、上昇、停滞、下降、停滞、上昇、下降のように動いていますよね。

begin18

これがチャートの流れです。

どのようにチャートが動いているのかを知ることで、流れに乗って上昇だと判断したり、下降だと判断することができそうですよね。

カンタンに言ってしまえば、勝つための方法はこの流れをどうやって読むかということにつきます。

もし、チャートがどちらに行くだろうかという予想が立てられるのだとしたら、何も知らない状態でトレードして自分の中で方法を組み立てていったほうが成功するかもしれませんよ。

しかし、逆に、チャートは一人一人の取引で出来ているので、誰も見えない人の取引や予想を100%的中させることはできないんです。

100%的中できないからこそ、たくさんの予想方法をまとめて、当たる確率を上げようとしているんですね。

しかし、反発するものや前提条件が違うものも多くあるので、はじめてトレードするのであれば、わかりやすく、トレードがはっきりしているものを身につけましょう。

ここでは、チャートの流れを読む方法について、チャートは、上昇だったら上昇に、下降だったら下降にというように進みやすいということをメインにして、チャートの分析方法を解説します。

短くいえば、チャートは同じ方向に進むということが前提です。

同じ方向に進むのは、どういう時が一番多いのか、どのタイミングで同じ方向に進んでいくのか、ということを知っていきましょう。

ローソク足は連続しがち

チャートを一定の期間に絞って、串刺しのおでんのような状態のものをローソク足と呼びます。

このローソク足の、上昇を示すものが陽線、下降を示すものが陰線です。

ローソク足が連続しがちだということは、陽線の次は、陽線が来やすく、陰線の次は、陰線が来やすくなっています。

つまり、陽線が出た後に、上昇に予想すれば、当たる確率が高いということです。

まずはローソク足がどんなものか知りましょう。

ローソク足とは

ローソク足はどのように出来ているかというと、期間ごとに4つの値で始値・高値・安値・終値を使用し表したものです。

begin19

  • 始値:初めに付いた値段
  • 終値:最後に付いた値段
  • 高値:最も高い値段
  • 安値:最も安い値段

ローソク足は始値よりも終値が高い陽線と、始値よりも終値が安い陰線の2つです。

始値と終値を四角であらわして、期間中の安値と高値はそこから伸びるヒゲであらわします。

チャートの期間のように、1週間だと週足、1月の場合は月足と呼んでいます。

期間ごとに区切って呼ぶことが多いので、この呼び方も覚えておきましょう。

次にどういったときに同じ方向に進むのか考えていきましょう。

長いヒゲは反発を表わす

ローソクは同じものが連続しやすいという風に書きましたが、どのようなときに連続するかというと、ヒゲの長いローソク足に特徴があります。

begin20

ヒゲが長いということは、期間が1分であれば、1分の間に反転してきたということです。

上昇トレンド中に下へ長いヒゲが出ていれば、下への反発が強く、上昇へ進んでいく勢いが強いということを表しています。

逆に下降トレンド中に上方向に長いヒゲが出ていたとします。

そのときは、上への反発が強く出ているということなので、下降トレンドが強くなるということです。

ヒゲの使い方を理解しておきましょう。

陽線、陰線は連続しやすい

陽線や陰線は継続しやすい傾向にあります。

これは、以前にも書いていますが、陽線の次は陽線、陰線の次は陰線というように連続で出ることでトレンドが継続しやすいということです。

実際のチャートで見てみましょう。

begin22

このチャートにあるように連続している方が多くなります。

もし、本当なのかどうか不安な場合は、チャートを開いて確認してみましょう。

時間帯によって連続しづらい場面もあるので、そういった場面ではトレードしないという選択も重要になってきます。

時間帯については、後でも詳しく説明していますが、夕方以降のほうが、トレード量が多くなりやすいので、取引もしやすくなるでしょう。

次は、トレンドが継続しない、反転のタイミングとしているローソク足には注意が必要なので覚えておきましょう。

トレンド反転のローソク足

反転のローソク足は、急に現れる大陽線や大陰線と、ローソクの窓空き、トレンドと逆の長いヒゲです。

組み合わせなどを考えると他にも何種類かありますが、まずは、これを理解しておきましょう。

○急に現れる大陽線と大陰線

大陰線や大陰線はその1本だけで強くトレンドを表しますが、逆にいえば、トレンドと反対の陰線や陽線が現れた時はそのまま逆行することが多くなります。

トレンド中に大陽線、大陰線が出てきたときにはトレンドが反転するかもしれないと、注意しておきましょう。

○ローソクの窓空き

ローソク足を見ていると、前のローソク足の終値と今のローソク足の始値が離れている場合があります。

これが窓空きです。

窓空きすると、窓を埋めようとする力が働くことが多くなりますので、短いトレードをするときはその勢いにのまれてしまわないように注意が必要です。

○トレンドと逆の長いヒゲ

トレンド中に陽線や陰線が継続して発生する場面が多くありますが、トレンドと逆の方向に長いヒゲが出た時は、トレンドの力が弱まってきていることに気付きましょう。

そのままトレンドが停滞して継続する場合や、トレンドが逆行する場合があるので、注意してトレードのタイミングを見計らっておきましょう。

移動平均線でトレンドを知ろう

移動平均線と言うのは、前のレートを平均したものになります。

平均を出す期間が長ければ長いほど移動平均線は緩やかになり、短いほどチャートと同じような動きをするようになります。

移動平均線の使い方は、トレンド発生を見分けるポイントがわかるようになります。

まずは、MT4に移動平均線を入れていきましょう。

移動平均線の設定

まずは、MT4を開き、画面上部にある、メニューバーの「挿入」をクリックします。

begin23

その中にある、「インディケータ」、「トレンド」、「Moving Average」を選択しましょう。

begin24

期間は「5」にして、スタイルは「red」にしましょう。

begin25

これで移動平均線の設定は終了です。

移動平均線の使い方

移動平均線には2つの特徴があります。

一つは、抵抗や支持になるということです。

移動平均線は、期間「5」の5移動平均線が、支持線になって上昇トレンドを下から支えたり、抵抗線となって下降トレンドの上から押さえたりします。

上昇トレンド中は5移動平均線が常に下にあり、下降中は上にある状態です。

こういった状態の時は、ヒゲが移動平均線に触れて戻ることが多くあります。

begin26

もうひとつは、トレンドを追いかけるという性質です。

これは、移動平均線が過去の統計になっているため、いまのレートより、遅く進んで動いてくることになります。

つまり、先にレートが先行していれば、移動平均線の方向が明確なトレンドになります。

これを使ってトレンドをはっきりと捉えていきましょう。

移動平均線とローソク足の組合せ

このロジックは、チャートが同じ方向に進むということを前提に、トレンドだとわかったときの分析手法です。

ここまでの情報を全て理解していれば、移動平均線とローソク足を組み合わせるだけで、簡単にトレンドがはっきりとわかるようになります。

トレンドさえしっかりと理解してしまえば、あとは投資するポイントを見つけるだけです。

5移動平均線とローソク足の特徴は、トレンドが発生している時にトレンド側にローソク足があり続けるということです。

上昇トレンドだとしたら、移動平均線の上にローソク足があり、下降トレンドだと、移動平均線の下にローソク足が出来ます。

つまり、トレンドが発生したと思ったときに、移動平均線を抵抗線や支持線として考えて投資するポイントを見分ければいいということになりますね。

投資するポイントがどこになるかという判断は、割安感、割高感です。

begin27

たとえば、上昇トレンド中にローソク足が移動平均線に触れたとしたら、そこは割安な部分になりますよね。

その時に投資すればいいわけです。

下降トレンド中でも同じように、移動平均線に触れた時が割高になるので投資するポイントになってきます。

1分足のチャートを表示して、30秒か60秒のバイナリーオプションで投資すれば、ぴったりとはまっていくでしょう。

投資するポイントを逃しても無理に投資しないなど、資金管理で学んだことを実践しながらトレードしていきましょう。

実戦トレード

ここでは、ポジトーークのトレーダーが勝っている状況やトレードしている動画を見て学ぶことが出来ます。

まずは、参考になるyoutubeを公開していきますので、ご覧ください。

実戦トレードは随時更新していきます。

各トレーダーが生放送で公開しているものもありますので、ポジトークTVもご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

トレードを見てマネて勝つ!?

トレード生放送・e-ラーニング・教材

どんなものでもサポート中!

勝っているトレーダーを見てマネれば

同じように勝てちゃう^^

投資の動画ならポジトーークTVへGO!


詳細を確認

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*