■押し目ポイントと移動平均

本日は押し目ポイントと移動平均について書いていきたいと思います。

押し目を拾おうと思い押し目ポイントまで下げてきたので、

急いでエントリーしたのはいいが、そのまま値が下げていってしまった

経験は誰にでもあると思います。

ですが、移動平均線を一本入れてあげることによって押しの拾い方が変わってきます。

では本日はその見方についてお伝えしていきたいと思います。

レンジブレークからトレンドが発生し、陽線の並ぶ上昇をトレンド形成していきましたが、

ある程度上昇すると一旦利食いや反対勢力のが強くなり、押しをつけに下がって来ました。

そのよな場面であれば押し目を待ってエントリーを仕掛けていきたいところでしょう

では同じようにチャートをみているにも関わらず、勝ちと負けが存在しますが、

その理由はどうしてでしょうか?

エントリーの根拠は複数ありますが、

買われる形になってからエントリーをしていった方が有効jなエントリーであると私は考えます

実際にそのエントリー方法をみていきましょう

では、下のチャートをみて下さい。

FXエントリーポイント1

上の図は前回の高値がサポートとなるかどうかの場面として見て下さい。

では、実際に押し目となるかどうかを次の図で確認していきましょう

FXエントリーポイント2

今回の図では前回の高値がサポートとして機能ぜずに下落してしまいました。

押し目を拾っていきたい場面ですが、基準が前回高値のサポートラインしか有りません。

エントリーをしていくべきかどうかの判断が難しい場面でした。

では、判断材料に移動平均線を入れて見ていきましょう

FXエントリーポイント3

初めの図同様押し目を拾っていきたい場面です。

ですが、移動平均線は下を向いていますね。

前回の高値まで値が下がって来ていますが、

移動平均線は下を向いていますので、

エントリーをするタイミングとしては

移動平均線の向きが上向きになるまで待ちたいところです。

FXエントリーポイント4

値は上昇を見せて来ましたが、移動平均線はまだ下方向を向いた状態です。

エントリーを仕掛けていきたい場面ではすが、もう少し様子をみてみましょう

FXエントリーポイント5

やはりサポートラインが下に抜かれてしまいました。

あくまでも私が作った図ですので、何時もそのようになることはありませんし、

移動平均線が下を向いていても上げることも当然あります。

ですが、移動平均線とは値の合計を割ったものですから、

どの時間足でみていたとしても、平均に逆らった動きはおすすめできません。

私の経験ではあまり良い結果は得られておりません。

では、次の図をみていきましょう、

次の図は移動平均線が上に向いたところまで待っている状態です。

FXエントリーポイント6

移動平均線が除々にではありますが、平行から、上を向いて来ました。

では、このタイミングでエントリーをすることのメリットを考えてみましょう

平均の値が上昇をしてきた、相場参加者の心理が上目線に変わってきたタイミングでもあります。

そして、追撃が出やすいエントリーポイントといえるでしょう

では、最後にもう一枚図を見ていきましょう

FXエントリーポイント7
相場参加者の目線も上に変わり、追撃が現れ上昇トレンドへと転換していきました。

このようなケースばかりではけして有りませんが、押しの後にすぐさまエントリーを繰り返し

良い結果が出ていないのであれば、一泊おいて、

移動平均線の傾きを意識してエントリーをしても決して遅くはありません。

押し目ポイントと移動平均については以上となります。

今まで、こういったポイントのエントリーで逆行してしまったり、

利がなかなか乗らない方は、一度試して見ることをオススメします。

移動平均線の設定に関しては、ご自分にで検証してみて下さい。

参考になったと思った方はポチッとお願いします。

ranking