メニュー

【第一回】相場との出会い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【第一回】相場との出会い

スタート


はじめましてTAKEと申します。

僕が相場に出会ったきっかけはかれこれ

十数年前の2005年位だったと思います。

今でこそ、安定的に利益を稼いでいますが、

勝ち負けを繰り返し今のスタイルに辿り着きました。

そして、その道程は決して簡単なものではありませんでした。

これを読んで頂いている方もFXや相場で一財産を築いてやろう!

だとか安定して勝ちたいとか、色々と思惑があると思います。

そしてまだ安定して勝ち続けることが出来ない方のサポートになればと思い、

このブログを書いていこうと思っております。

FXも規模はとてつもなく大きいので、

いくら僕が勝ち方をお教えしたとしても、

それは相場の世界ではノイズにしかなりません。

そして何より、FXの世界に飛び込み

直ぐに退場する方々が多すぎるように思います。

資金を投げ捨て相場から去って行く、

そして又新規のユーザーが参入して、

同じように勝ち組の肥やしとなって退場して行きます。

FXは単純なゲームですので、入り口としては入りやすいのですが、

実際相場で飯を食べている者達は強者ばかり、

何年も相場で飯を食っている相手にそうそう勝てるほど甘くはありません。

僕は僕のスタイルで勝つことが出来ますが、

その勝ち方を教えることは簡単ではありません。

何故かというとやり方は単純なものですが、

同じチャートは永遠に無いからです。

こうなったらエントリーをするだとか、型はありますが、

その都度見方が違ってきます。

それを言葉で伝えて行くのはたやすいことでは無いからです。

今までの経験で僕が身に染みて経験したことであり、

教材や本を何冊も読みこんだが結果はついてこない

日々を経験してきたからです。

その本と同じように実践したところで勝てないことが

身にしみて分かっています。

そんなんじゃ何時まで経っても勝てないじゃんか、

そんなに難しいなら辞めたほうがよさそう、、

そんな風には思わないで下さい。

このブログを読んで頂いている方で、

今まで安定して負け続けている人もいることでしょう、

そんな方は勝ち負けが平らになるまで持って行くことを目指しましょう。

月間トータルで少しプラスだとか、

少しマイナスだけど前とは違うだとか、

少しでも上達したことが感じられれば

相場を続けて行くことが出来ると思いませんか?

先ずはそこを目指して行きましょう、

その中で経験を積んで行くことによって勝てる様になって行きます。

このブログはそんな方に見て頂ければ嬉しく思います。

僕の勝ち方を少しずつお教えして行きますので、

その中で自分のスタイルに落としこんでいって下さい。

必ず勝てるトレーダーになって行けるはずです。

当時は最初の取引は「日経225先物」でした。

何気なく本屋に立ち寄ると、

人気コーナーに

【日経225先物ダウが上げた翌日 日経平均は上がる】

薄ら覚えなので、違うかもしれませんが、

100ページ位の本でした。

口座開設方法から、取引を始める上での注意点が記載されており、

この一冊読めば取り敢えずスタートは出来るという内容と成ってましたね。

本屋並んでいるんだから、そんな本がデタラメな筈は無い、

とにかく本の通リにやれば間違いなく儲かる!

家に帰って一通り読み終わると、もう一年後の自分だとか、

10年後の自分を想像している訳です(笑)

なんとまぁ~単純ですよね。

内容はこんな感じでした、

ダウ平均が上がった翌日の日経平均も上がるというもので、

初心者には持ってこいの内容だったんのです。

上げやすい曜日だとか、若干の補足はありましたが、

まぁまぁそんな内容でした。

現実的に過去の検証結果より利益が出せている。

その言葉に引きつけられました。

確率で勝てている事なんだから間違いない、

過去の検証の結果「ダウ平均が上がった翌日の日経平均は上がる」

10日トレードして6回勝ちに回ればいいわけだし、

勝率で優れば統計上勝てる。

過去の検証結果がそうそう簡単に崩れるとも思えない、

どんなに考えても資金が増えていくイメージしか持てませんでした。

その本に書いてある通リに口座をネットから申し込みました。

何日かすると口座番号と分厚い説明書が届き、

一冊の本を読んでから1週間もしないうちにトレードのスタートをきりました。

よくまぁ知識も無いのに一週間やそこいらで開始、

今じゃ考えられないことですけど、、、

日経平均先物をトレードする上で必要証拠金は1枚に対して

60万とか70万、証拠金て何!とかそんなレベルでしたし、

そんなときには買ってきた本を読んで、ふむふむみたいな!

泣けなしの貯金を投じたわけです。

このお金が何倍にもなるんだ、勝手に妄想してましたからね。

そした、待にまったトレード開始の日が来ました。

よし、昨日はダウが下げたから売りで攻めようと意気込み、

寄り付き直後に売りでエントリー、ルールは大引け直前で手仕舞。

エントリーするや直ぐに、レートが下げに転じて、

よしよし下げて来たぞやっぱり俺は天才、やってよかった、

225先物最高、とにかく勝っているイメージしか持てない

馬鹿野郎でしたね(笑)

日経225先物は昼休みがあって、

その時間帯はチャートが動かないんですが、

その間自分なりにシナリオを考えるわけです。

勿論大勝しているイメージを複数、

ダウの下げ幅が大きいからこのレートまで絶対下がるとか何とか、

今後のシナリオまで考えちゃったり、すごいですよね

昼休憩が終わると、、、ん・・チャートの様子が一変、

ちょっと上げてきたな、こんなところで買うなんて変な奴もいるもんだ、

とか、とにかく反対ポジションを否定しながら、

PCの後ろの机が透けて見えそうな位ガン見です。

今だけちょっと上がっているだけ、

だって、昨夜ダウが下げたんだから間違いない、

とにかくPCに張り付き、もうお祈り状態。

大引け間近を迎えてもまだ最後の最後にきっと上がるから大丈夫とか、

そんな状態!

初日、負けました。。。 まぁ~所詮確率なんだしなんてことない、

あと4日あるし3日勝てれば恩の時じゃないか、

とにかくそんな風に負けを正当化していました。

二日目、また、負けました。 まぁ~まぁ~、そんな事もあるか、

人間ついていない時もあるし、その次にはつきが来るから問題ない、

明日がんばろう 三日目、よし、今日こそは絶対勝つ、

意気込みだけは確かなもの。

気持ちを最高潮に高ぶらせたエントリー、

今日は勝てるはず、でもでもレートは逆方向には直進、

もう無理、自分で手仕舞いをし、ドデンでエントリー、

3日目にして早々ルールーを破ってしまいました。

その日はそのままドデンした方向にレートが進み、

ちょい勝ちで終了。 そのエントリーで味をしめてしまったんです。

こんなんなら、

自分の思った方向にエントリーした方が勝てるじゃないかと、

そもそもレートはファンダメンタルズで方向が決まると思っていたので、

トレード前にニュースを入念にチェック、

テレビのニュース番組や証券会社が提供しているニュース番組、

ネットで情報を拾ってとにかく方向性を考えてエントリー、

今日はトヨタに高材料が出ているから

日経平均の押上材用なんていわれたら、もう買いですよ。
でも相場は逆にいってしまうんです。

なぜ??

いつものニュース番組をつけると、こんどは一転して

【債利回りの上昇に伴い株が売られる要因と成り、本日の日経平均は下げに転じました】

とか、上げ下げの理由はあとから何とでもいわれてしまうのです。

以前に記事で見たことがあるのですが、

アナリストの予想は50%を切るようです。

あくまでも参考程度に捉えることが大切なんです。

その後、何日もしないうちに口座資金を除々に減らし、

気が付けば口座資金は0と成ってしまいました。

泣けなしのお金が簡単に溶けて行ってしまいました。

そりゃそうです。その当時のトレードスタイルは

人が言っている事を只鵜呑みに真似をしただけのトレード、

自分の感覚でヤケクソトレードをしていたわけですから。

なんとなく上がりそうだから買うとか、根拠なく売るとか、

そんなトレードを絶対にしないで下さい。

本当に溝にお金を捨てるの

と同じことですから、当時はFXではなく日経225先物で

負けたわけですが、その時本屋で手に取っていた本が

FXであればFXでも同じようにやっれていたと思います。

チャートの値動きや相場背景を

全く理解していなかったわけですから、当然の結果です。

その程度の金額で済んでよかったとの思っていますし、

何事も確りと知識を蓄えてから望むべきだと後から悟りました。

普通のストーリからしてみれば、

もう勉強を開始して勝てる様になりました。

そんなのが普通かななんて思ったりもしますが、

僕は一度相場の世界から足を洗うこととなります。

足を洗うという程長い期間相場の世界に入り込んで

いたわけも無いですが、

勝てないので辞めざるを得ない状況でした。

資金的にも底をついていましたし

夢を見るのはまた今度といった具合ですかね。

続きはまた今度書いて行きたいと思います。

ブログランキグに登録しました!

応援おねがいします。

ポチッと

ranking
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*