メニュー

FX 伝説のトレード集団タートルズ ブレークアウト手法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

■伝説のトレード集団タートルズ
ブレークアウト手法

タートルズブレークアウト手法

伝説の投資集団タートルズをしていますか、

投資を嗜むと一度は耳にしますよね。

タートルズと言えば徹底したリスク管理が有名ですが、

今回はそこには触れずにタートルズのエントリー

について書いていきたいと思います。

タートルズのエントリー方法は至って簡単なもので、だれでも考えつきそうな難しいものではありません。

やはりトレードではシンプルなルールを作りが肝で、

それを実行出来るどうかです。それに尽きます

私が思うにはインジケーターを復数表示させるようなトレードをしているか方で、

まだ勝つことが出来ていないのであれば基準をもっとシンプルにしてもいいのではないのかなぁと思います。

改めてタートルズを勉強して実感したことです。

ではどんな集団なのでしょうか

タートルズとは

リチャード・デニス

ウイリアムエックハート

の賭けから始まったトレード集団なのですが、

リチャード・デニスとは当時の金額約

4万円を1000億円にした天才トレーダー、

そして、ウイリアムエックハートは

年間60%以上の利益を何年も稼ぎ続けた

同じく天才トレーダーです。

素人のトレーダーを自分たちと同じようなトレーダーに

育てることは出来るのか、

伝説のトレーダー二人は賭けをしました。

リチャード・デニスは教えることによって、

同じようなパフォーマンスをあげることが出来る

と主張し、逆にウイリアムエックハートは私達には

特別な才能あるがゆえに勝つことが出来ているのであって、

素人に教えたところで勝つことは出来ないと主張した。

二人が賭けをした場所はシンガポールの亀の養殖所であったことから、

あの亀の様に育てることが出来るのかどうか、

その亀にちなんでタートルズという名前がついたのだ。

そして、新聞記事により一般トレーダーを募り、

全米で大変な注目される出来事となった

10人の素人トレーダーが選ばれたのだが、

果して、二人の様なトレーダーになることは出来るのだろうか

素人集団に与えられた資金は一人1億円 、

その資金を何十倍にも増やすことは、決してたやすいことではないはず

だが、ウイリアムエックハートの考えには反し、

年平均で80%以上のリターンを上げ続けることに成功し、

150億もの大金を稼ぎだしてしまったのだ

リチャード・デニスのいった通りに素人集団がプロの集団となってしまったのだ。

そして、賭けはリチャード・デニスの勝利となった。

その栄光が今でも健在なのが凄いことで、

全米のトレーダーのランキングにはタートルズの

人間が何人も名を連ねているのだ

今使っている手法は決してその当時の手法ではないかもしれないが、

もしかしたら今でもその手法で勝ち続けているかもしれない。

その、タートルズのエントリー方法としては至って単純なもので

昨日までの20日の高値をブレークアウトすれば買っていき、

昨日までの20日の安値をブレークアウトすれば売っていくというもの

昨日までの55日の高値をブレークアウトすれば買っていく、

昨日までの55日の安値をブレークアウトすれば売っていくというものです

20日ブレークの場合には前回が勝ちトレードだった時には

今回のトレードは見送る。

55日ブレークの場合にはそのまま実行する

至ってシンプルな手法ですよね。

20日と55日の基準からのブレークでエントリーするもの、

検証はしていませんので今でも通用するかどうかは分かりませんが、

もし興味がある方は検証してみてもいいのではないでしょうか、

もしかしたらリチャード・デニスのようなトレーダーに成れるかもしれません(笑)

続きは又次回に書いていきたいと思います。

参考になったと思った方はポチッとお願いします。

ranking

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. Johne959 より:

    I do not even know how I stopped up here, however I assumed this put up was good. I do not recognise who you are however definitely you’re going to a wellknown blogger for those who are not already kdgdadecbgag

コメントを残す

*