メニュー

ジャパンタイムと欧州ニューヨークのトレード方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ダウ

チャイナショック再来の局面が来ていますが、皆さんはどうですか?

私のトレード中もでも負けている人が結構出ています。

ドル円に関していえば118.70付近で一度下げ止まってもおかしくない局面でしたが、

一時間や4時間レベルの波が日足の大きな流れに飲み込まれている感じでしょうか

私はよく、東京時間にトレードする際には5分や1分でもトレードをします。

基本的には値幅が決まっているからです

。1時間や15分の意識されるサポート帯で1分レベルで逆張り的に入っていくことが多いです。

そして次のサポート帯まで持つこともあれば、どんどんリグって利益を積み上げていきます。

そして欧州時間に入ったら考え方をガラッと変えて相場を見ていきます。

基本的に1分5分レベルのサポート帯では手を出さずに、

大きく相場を見ていきます。短い足ですと大きな時間に飲み込まれることがあるからです。

エントリーはしたものも、利食い目標まで届かずに、

反転してそのまま抜かれてしまう、私はこれまで長く相場を見てきましたが、

そのような場面でエントリーをしてしまい、午前中の利益を吐き出してしまったり、

大きく損失を出してしまったことが多々あります。 流動性が高まってきたときには、

大きく相場を見ることが大切なのではないでしょうか

それでは月曜日も中国の動向に注目しつつ、頑張っていきましょう それと、

バイナリー結果の方もUPしていきますので、楽しみにしていて下さいね

それでは応援お願いします。ぽっちっと↓

ranking

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*