メニュー

FXとパレートの法則 物事は80対20の法則で動いている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

■FXパレートの法則物事は80対20の法則で動いている

レパートの法則

パレートの法則というものを聴いたことがあるでしょうか、

普段あまり耳にしないことではあるが、

FXと興味深く繋がっているので、書いていきたいと思います。

まずは、実際の例をウィキペディアより引用し

記載させて頂いた例を見てみよう

・ビジネスにおいて、売上の8割は全顧客の2割が生み出している。よって売上を伸ばすには顧客全員を対象としたサービスを行うよりも、2割の顧客に的を絞ったサービスを行う方が効率的である。

・商品の売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している。

・ 売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出している。

・ 仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している。

・ 故障の8割は、全部品のうち2割に原因がある。

・ 所得税の8割は、課税対象者の2割が担っている。

・ プログラムの処理にかかる時間の80%はコード全体の20%の部分が占める。

・ 全体の20%が優れた設計ならば実用上80%の状況で優れた能力を発揮する。

・全所得の8割は、人口の2割の富裕層が持つ

レパートの法則2

では、「全所得の8割は、人口の2割の富裕層が持つ」

を考えてみたいと思います。

私達は所得税を収めていますが、その所得税は2割の富裕層が

8割の所得税を支払っているというものです。

では8割に該当する一般層の所得税の支払い総額を考えると、

何と全体の2割程度になってしまう。

2割の富裕層が8割の所得税を支払っている現実

はパレート氏から言わせると「一種の社会現象である」

とそのことを法則として発表しているのだ。

この法則をFXや相場の世界に当てはめてみることにしてみた。

FXで考えられることは、8割のトレーダーが負けており、それに対し

2割のトレーダーが8割の勝ち分を取り合っていると考えられる

ことだ。

FXで勝ち続けられるトレーダーは1割~2割と翌言われているが、

まさにパーレートの法則に合致しているのです。

では、自分の取引に目を向けた時に、取引の結果はどうだろうか、

10回トレードをしたとすると、そのうちの4回が負けトレードで、

微益トレードが4回位、実際の利益へと大きく繋がったトレードは2回、

そう考えるとパレートの法則に当てはまる。

トレードの2割が全体の8割を稼ぎ出していることになるだろう、

僕が勝手に作り上げた数字ではあるが、

自分のトレード日記を見ていくと恐ろしい程そのことに当てはまる。

トレードをする上で、利益の2割が全体の8割の利益を占めている

事実を知ることで、トレード途中での損切りのタイミングを早めたり、

今回はダメだろうとか、相場観にはなってしまうが判断の材料になるのではないだろうか

今まで決められたルールーの通りにトレードをして、

なかなか結果が残せていなのであれば、

もう少し柔軟なトレードスタイルで望んでもいいのではないだろうか

例えば、損切りはここまで持つだとか、

利確はここまで持つと決めてしまっていて

なかなか思うようなトレードが出来ていないのであれば、

トレードの利益の大半は2割が占めていると割りきってしまえば

不安なトレードは割り切って利確や損切りが出来るのではないだろうか

相場では少なからずそのような相場観のようなものが必要になってくると

僕の経験上でいえます。

でなければ、EAを使ったトレードではなぜ勝ちにくいのかが説明が出来なくなってしまう。

EAで勝つには、相場展開を予想してEAを使い分ける技術が必要となってくる。

その相場観が並外れたものを持っているのであればEAを使ったトレードでも、

勝つことは出来るだろう

私達のように裁量トレーダーは

相場観的な部分を身につけ

そのことを活かしたトレードをしていく必要性が出てくるはずだと思う

あくまでも2割のトレードが全体の収益を上げている

事実を持ってトレードに望めば、

あまり無理の無いトレードが出来るのではないでしょうか

応援お願いします

ポチッ

ranking

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*