メニュー

FX 反対売買の損切りを味方に付ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

■反対売買の損切りを味方に付ける

反対売買の損切りを味方に付ける

私のトレードチャンスの大部分を占めている

重用なエントリー方法について書いていきたいと思います。

私がトレードをする上で確認していることがあります。

それは買いたいのであれば売りを

確認してからエントリーをしていくというものです。

チャートを見る上でこのことを心がけるだけで

パフォーマンスがかなり違ってくる、僕に取って欠かせないことです。

では、順追って説明をしてきます。

現在のレートは新高根や新安値を更新している

状態でなければ、

どこかしらのサポートとレジスタンスに挟まれたレート

ですよね。

ですから、基本的には直近の高値を更新しても

その上にもどこかしらにレジスタンスラインが存在し、

そこまでいけば必ず売りが入ってきます。

同じように、安値を更新したとしても、

その下にもサポートラインが存在し、

そこから買いが入ってきます。

今のレートがとこかしらに挟まれた値である以上は、

それぞれのトレーダーの思惑によって売り買いが

発生することとなるわけです。

では、レンジ相場よりもトレンドフォローが勝ちやすいと言われていますが、

実際はトレンドを追っかけて入っていくと、入った場所が天底だったりして、

すんなり勝たせてはくれませんよね。

それは、他のトレーダーの判断では逆の売買となっているポイントだからです。

つまり、どのようなポイントからでも多少なりとも逆の動きは派生する

ということなので、なかなか相場の動向を読むことは難しといえます。

では、どのようにして優位性を見つけていけばいいのでしょうか?

僕の場合にはトレンドフォローを仕掛けるとしても、

まずは逆の動きがあってから仕掛けます

逆の動きとはどういった動きかというと、買いで入りたい場合には、

売りの動きがあってから買いでエントリーをしていきます。

反対に売りで入る場合には買いの動きがあってから売りでエントリをします。

それはどういった意味を持つかというと、

買いで入りたい場合には、

買いだけのパワーではそうそう値が伸びることはないことを知っているから、

反対売買の損切りの力を借りようというものです。

もちろんぐんぐん行くときもありまよ、

ですが、そういったタイミングを測ることは不可能です。

それは大口トレーダーのし掛けだったり、

思惑により左右されるものだからです。

いつもそんな大口の期待に頼ったトレードをしていくわけには行きません。

何よりお祈りの様なことはしても意味はありません。

先程説明をした「買いでエントリーをしたければ

売の動きがあってから買いでエントリーをする」

このポイントに優位性があります。

つまり、売り持ちの損切りをパワーに変えて動くことに期待するということです。

表現方法としては騙しを待ってから買いを仕掛けるだとか、

色々表現はありますが、単純に逆の動きを確認してから

仕掛けた方が伸びる確立が高く成るということです。

このポイントは大変重用ですので、覚えて下さい。

リスクリワードの比率が高まるポイント

にもなるので、、

本日はここまでとしますね

次回は図解を使って確り説明をしていきたいと思いますので、

楽しみにしていて下さいね。

応援宜しくお願いします。

ポチッと

ranking

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*