メニュー

バイナリーオプション 12月10日振返りとFXエントリーポイント【動画】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

■バイナリーオプション 必勝法!【トレーダーTAKEの12月10日振返りとFXエントリーポイント】 

こんにちはTAKEです。
 
本日は昨日のトレードについて解説をしていきたいと思います。
  
朝一9時頃 に下がって来たところを拾い上げていくいつものパターンですが、
 
下がって陰線で止まったところからCALL【買い】で入っていきました。
 
シナリオ的にはジャパンタイムなので、
 
そうそう動かない設定で入って行きましたが、
 
もう一段階下がって行ってしまいましたので、
 
取り合えず様子を見てからチャンスがあれば入っていこうと思ってましたね。
 
そして今度は日本時間15時にエントリーしました。
 
一分レベルで下がったところを同じように買い【CALL】で拾って行きました。
 
このポイントも瞬間的に反発してくれたので結果オーライでした。
 
ジャパンタイムと欧州時間は動きの性質が変わってくるので、
 
僕の場合にはジャパン時間では1分足でトレードすることが多いのですが
 
欧州時間に入ったら基本的には15分以上の足で流れを見てエントリーしていってます。
 
日本時間では1分レベルのサポート帯が意識され値が止まることが多いのですが、
 
欧州時間、ニューヨークに掛けて大きな時間足の流れに九州されてしまい、
 
一分レベルの押しがスコーンと抜かれたりしますので、
 
その辺を意識しながらトレードしてます。
 
動きがあるときには、短期の時間足は長期の時間軸に吸収されてしまうので、
 
その辺は特に気をつけてトレードしてます。
 
それと本日は午前中に一回、EURUSEでFXで入りました。
 
一旦下一分レベルで大きく下げて来て、
 
その後に直近の節目を上に抜いてVで戻ったところです。
 
一旦安値を切り上げているポイントなので、
 
おそらく買いも入ってきてもおかしくないところ、
 
シナリオとしてはここで抑えられれば買いの損切りを巻き込んで、
 
もう一段下に行くのではないだろうがと思って、エントリーしました。
 
案の定想定通りの結果となったので、下限を抜いたところで利食い。
 
FXでは自分のシナリオがあっているかどうかよりも、
 
常にシナリオを立ててどこまで行ったら利食い、
 
どこまで行ったら損を確定させるのかを考えていくことが大切になってきます。
 
今回のシナリオは一分だからとかではなく、
 
一時間でも同じように作用しますし、日足でもいいと思います。
 
いかにリスクを少なく、利益を大きく取れるかを考えてトレードすることが肝ですね!!
 
動画で詳しく説明しておりますので、よかったらどうぞ
 
にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
 
 
3勝
全て30秒ルール
1回目【CALL】負け
2回目【CALL】勝ち
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*