メニュー

水平線を読み解く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

■FX水平線を読み解く

水平線とはチャートを見る上で最も重用な分析手法の一つであり、

チャート攻略をする上で誰しもがラインを引き、

さまざまな思惑ので相場の判断材料に使っています。

そして移動平均線と同様誰しもが取り入れている分析手法であり、

プロ、アマ問わず誰しもが取り入れているのです。

又、移動平均線とは違い人によって引き方の違いが出ないのも

ラインの凄みといえるでしょう、

プロでもアマでもラインの引き方に然程差がないということですね。

水平線の性質としては、時間軸が長くなればなるほど

強力なサポートポイントに成り、売り買いの思惑が強くでる

ポイントでもあります。

そして、そのような押し目ポイントで買うことは

優位性がとても高いといえます。

チャート上で水平線を引いいてない方はトレードを始める前に

さっと水平線を引いてからトレードを開始しましょう、

水平線をこま目に引きチャートを見ることにより、

反転ポイントやブレークポイントの相場観が養われていきます。

水平線にはサポートライン、レジスタンスラインの他

複数のラインがあります。

ピボットライン、フィボナッチライン、売り買いの起点ライン、

当日の開始値など、他にもトレーダーによって

さまざまなラインを使い分けていることでしょう、

今回はその中でも基本中の基本で最も大切な

サポートレジスタンスラインをじっくり解説していきたいと思います。

下記の上昇トレンド発生している図を見て下さい。

レジスタンスサポート3

トレンドが上昇していることはわかりますが、どこでエントリーをしていけばいいのか、ちょっと分かりずらいですよね。

それでは図にサポートラインとレジスタンスラインを引いてみましょう

レジスタンスサポート1

水平線を引くことによってサポートラインとレジスタンスラインが

確りわかるようになりました。

サポートラインに値が支えられて上昇しているのがわかると思います。

それでは、次の図を見てみましょう

レジスタンスサポート4

上記の図ですが、下降トレンドを形成して下げてきている図ですが、

こちらも水平線を入れてみてみましょう

レジスタンスサポート2


水平線を引いてやることによって明確なサポートラインと、

レジスタンスラインがわかってきましたね。

サポートラインで押しが入り、レジスタンスラインを抜ける事により、

下降トレンドが継続していることが、わかると思います。

次にサポートとレジスタンスラインの引き方を見て行きましょう

サポートからレジへ2

左の図を見て下さい。現在値の下に位置するラインがサポートライン、

そして上に位置するラインがレジスタンスラインです。

現在の値はこのようにサポートとレジスタンスに挟まれて位置しています。

今度は右の図を見て下さい。

先程のレジスタンスが抜かれて、サポートの役割へと変わりました。

図でも分かるように サポートは下値抵抗線として機能しており、

レジスタンスは上値抵抗線としての役割をそれぞれ担っています。

そして、レジスタンスラインが抜かれた場合は右の図の様に

サポーポートラインとしての役割に変わります。

逆にサポートラインが抜かれた場合にはレジスタンスとして機能します。

12050434205-13365686659


次に、下降トレンドの例を見てみましょう、左の図を見て下さい。

先程と同じようにサポートとレジスタンスに値が挟まれています。

そしてい右の図を見ていくとレジスタンスラインが下に抜かれており、

先程のサポートラインはレジスタンスラインに切り替わっています。

相場ではこのようにサポートとレジスタンスが常に切り替わり、

チャートが形成されています。

次の図は、ラインの切り替わりをが描かれています。

上昇相場から、下降相場へと流れが切り替わっているのが分かるでしょうか、

それでは図を見て下さい。

12050434205-13365686660

緑の丸のポイントは上昇トレンドのサポートポイントです。

上昇トレンドの場合はサポートポイント(押し安値)が抜かれない限り

上昇トレンドと見なします。

緑の丸のポイントは6つ目まで高値を更新して来ましたが、

7つ目で高値を更新出来ませんでした。

その後7つ目の丸のポイントが下に抜かれてしまいましたね。

この時点でダウ理論が崩れましたましたので、

目線を下にずらして考えていきます。

ピンクの丸は一度もレジスタンスを上抜くこと無く下落していきました。

下降トレント最後まで継続していますね。

それでは次の図を見てみましょう、チャート表示を長くしています。

オレンジの点線部分が今のチャートと成りますので、見て行きましょう

サポートポイント1

上昇トレンドを築いているチャートとなっておりますが、

オレンジ枠の図内はレンジになっています。

上の図では上昇トレンドと下降トレンドを形成しておりましたが、

引き伸ばしたチャート上では見方をかえる必要が出てきそうです。

短期のチャートを引き伸ばし見ていくと、このようにただのレンジになっていたり、

長期の押し目ポイントであったりします。

それでは再度オレンジ枠を見て下さい、

上限と下限に水平線が引かれていると思いますが、

その水平線が長期時間軸のサポートとレジスタンスになっているのが分かるでしょうか、

水平線を引く際には、このような長期の水平線も同時に引いいていきましょう

サポート1

さて、図の押し目ポイントの上に位置する値を見て下さい。

押し目(サポート)を上に抜き、高値を付け下落して、

その後、上昇するものの高値までは届かず値を下げてきていますね。

現在の値は直近高値を抜いていない値なので、

直近安値ポイントは押し目ポイントとしては見ないほうがいいでしょう、

押しは押しですが、高値を抜いていない押しなので、強さがありません。

水平線を使ってサポート・レジスタンスを引く際には

以上の事を踏まえて引くことをオススメします。

サポート2

上の図の続きにの図になりますが、今度は直近高値を抜いて来ましたので、

矢印のポイントが押し目(サポート)と成ります。

サポートポイントでは大衆が買いを待ち構えているポイントであり、

押し目買いとはこのようなポイントで買う事を意味します。

サポート3

更に先程の図の続きと成ります。

更に上値を切上げていきましたので、

先程の高値ラインが押し目と成ったことが分かるかと思います。

それでは、今度はチャートに水平線を引いて

意識されてポイントに目を向けていきたいと思います。

サポート箇所


水平線を引いているチャートは4時間足のチャートに成りますが、

どの時間軸のチャートを使っても、引き方はかわりませんので、

5分15分の時間塾でも同じように水平線を引いいていきましょう。

ポイントとして、5分15分を使ってトレードしている方でも

1時間、4時間、日足の水平線を5分15分の

チャート上にも引くようにしましょう、

やはり長期のサポート・レジスタンス箇所は強い

反発が入りやすいポイントと成りますので、

必ず意識することが大切です。

それでは図を見ていきましょう、赤のラインが水平線です。

水平線の引き方は意識されているということが大切なことで、

多少の誤差は気にしなくて大丈夫です。

図に戻りますが、ピンクのラインは値が二つ以上重なる

ポイントにラインを引いたものです。

そして意識されているポイントは緑のラインで引いてますが、

若干の誤差はあるものも水平線が意識

されていることが良く分かると思います。

下の図も同じように水平線を引き、

意識されているポイントを緑のラインで記したものです。

サポート箇所1

サポート箇所2

今回ここまでとさせて頂きます。

次回は他のラインについて解説が出来ればと思いますので、

楽しみにして下さい。

補足として、当日の開始値は簡単に引けますし、

かなり意識されるポイントにもなるので、

本引いいておくととても役立ちますよ。

その日の勝ち負けの分岐点になりますので、

上昇相場だとしても、そのラインを上回ってから買うとか、

参考にして頂ければと思います。

ブログランキグに登録しました!

応援おねがいします。ポチッと

ranking

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*