メニュー

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

■テクニカル分析とファンダメンタルズ分析

FXテクニカル分析とファンダメンタルズ分析

相場分析には、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析がありますが、

皆さんはどちらの分析方法を元に相場をみていますか?

どちらの相場分析も素晴らしい面はありますが、

私の場合はテクニカル分析を中心に考えてトレードをしています。

ダウ理論の文言の中で、「相場は全てを織り込んでいる」

と有名な一文がありますが、

あらゆる相場を動かす要因は既に相場は織り込んで出来ているというものです。

では、テクニカルのみで分析をしていけばいいのかというと、

僕はそうは思いません。

ファンダメンタルズ的な要素をたしょう取り入れるだけで、

勝つ場面を多く作り上げることが出来ます。

それは、最近の話ですと、ユージーランドの利下げですが、

もちろん相場は事前の情報を元に織り込んでいた分けで、

発表直後には利下げになったにも関わらず

相場は買いの方向へと向っていきました。

それはどういうことなのでしょうか?

相場の格言的な言葉で

「By The Rumer / cell -the- fact」噂で買って真実で売る

ニュージーランドの利下げ情報が流れている時には

思惑でニュージーを売りをするわけです。

そしていざ発表になった時点で、利食いをする。

そうすると、売っていたものが買い戻される訳ですから、

値が上がっていきます。

著名な投資家もそのような手を使うことがあります。

普段は流れないようなニュースが急に流れ始めたら

それは仕掛けだと思った方がいいということです。

例えば、ジョージ・ソロスが金を大量に買っているとかね。

それは売り抜ける為の情報操作です。

ソロスが金を買っているなんてニューそうそう流れることなんてないのに、

そんなニュースが流れたら、売りたがっているとみた方がいいということです。

一般大衆に情報を流すことによって、

買いが入りそれを利用して売り抜けているわけです

ファンダメンタルズ分析の通りにトレードしていたら痛い目にあいますので、

その辺を踏まえて聴くことです。

そしてポイントですが、我々はどちらに動こうが関係ないんです。

なぜかというと短期トレーダーだからです。

※スイングトレードしている人は気にして下さいね。

相場が上げようが、下げようが

その動きに只付いて行けばいいからです。

そして利下げ情報のあった通貨や

実際利下げが行われた通貨は旬な通貨として

踏まえていきます。

注目通貨はボラが上がりますからね。

普段なかなか対象にしない通貨だとしても、

その通貨を見張っていくです。

基本はテクニカル分析で相場をみていき、

旬な通貨をファンダメンタルズ分析を利用してトレード対象の通貨としていく。

どちらに動くをしてもトレンドが出やすい通貨として考えることが出来ます。

このように相場をみていくことによってより多くの優位性を味方につけましょう

トレードではより多くの情報を持って挑んで行くことがよいのではないでしょうか、

テクニカル分析だけとか、凝り固まる必要はないと思います。

より多くの情報を元にトレードをしていきましょう

参考になったと思った方は

ポチッとお願いします。

ranking
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*