メニュー

トレードをするのは簡単じゃない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

皆様にお願いがあります。
ランキングが低いとモチベーションが・・・
是非とも応援お願い致します!!

⇒⇒

⇒⇒ ブログランキング・にほんブログ村へ

=====================================

デモトレードで、実戦的にトレードをしています。
やはり、簡単にトレードするのは難しいですね。

損失がでた時に早く利確しようということで利益をあげていました。

損失は関係なく、トレンド方向に上がるのを待ってみたらどうなるかということで、検証した結果がこれです。

やはり、損小利大にするのは、決めたルールを守ることが必要ですね。
うまくいっていたルールとダメなルールをまとめてみます。

損小利大のルール

  1. 損失が出たら、10pipsで利確
  2. 利益が出たら、プラスマイナス0まで逆指値
  3. 勝率は関係なく、1つずつポジション保有
  4. 利益はできるだけ延ばすが、損失が出ないように逆指値を上昇

ここまでのルールで、勝率40%、利益と損失が2対1でマイナスになることは少なくなりそうです。
どんなトレードでやれば負けるのかどうかという破産理論をつくることができるので、まずは、机上で検証してみましょう。

破産理論とは

1

どういったときに破産するかどうかカンタンにわかる方法がこの「破産確率表」です。

100%と書いてあるところは、100%破産するということです。
トレードをしていくには、0%のロジックを考えないといけないですよね。

さて、表を見てみましょう。

横軸は勝率です。
縦軸はペイオフレシオ、日本語だと、損益費というものなんですが、ちょっとわかりづらいですよね。

計算式にすると、

平均利益額÷平均損失額

たったこれだけです。

たとえば、損失を10pipsに固定したとしましょう。
利益の平均額が20pipsだったら、2.0倍です。
勝率は40%で考えてみたら、それでも破産する確率が16.8%あるんですよ。

つまり、机上で考えていたトレードでは破産するということがわかっていたわけですよね。

50%の勝率があったとしても、利益が損失の3倍ないなら破産する可能性はかなりあるわけですよ。

実際のトレードがどうだったか検証してみました。
ちなみに最後の負けトレードは入れていません。

  • 勝ち回数:28回
  • 負け回数:17回
  • 利益平均額:7831円
  • 損失平均額:4867円

これが実際の数字です。

  • 勝率:勝ち回数÷(勝ち回数+負け回数)=0.62=62%
  • 損益費:利益平均額÷損失平均額=1.60

実際に計算してみると予定していたトレードが全くできていないことがわかりました。

本当だったら、利益額を大きく、損失額を小さくというところができていないですね。
もっと損切りを早くできるはずです。

破産理論からわかったこと

勝率が60%だとしても破産するってことは以外ですよね。
損益費がいくらなら勝てるのかというところまで見ないといけないんで、そういうプランを考えてみます。

もしかすると、損失10pips、利益30pipsでトレードして、50%以上の勝率を出せる方法があるかもしれません。

新しくロジックを考えてみますね!

最後までお付き合い頂きありがとうございます。
宜しければ応援お願い致します。

 


ポチポチ応援お願いします!!

 

企画盛りだくさんのメルマガがスタートしました。

メルマガ限定のプレゼントもご用意していますので是非ご参加下さい (^_-)-☆
⇒⇒ メルマガ登録で豪華プレゼントGET

mailmag_bnr

 

ポジトーークTVには無料で参加できます。
トレードを生配信でお届けしておりますのでコピートレードも可能です!
⇒⇒ ポジトーークTVに今すぐ参加

トップ下バナー TV登録

 

放送を楽しみながらコピートレードをするなら!?
100-Optionsの口座開設をおススメします!!
今なら口座開設で5,000円がプレゼントされますよ(^^♪
⇒⇒ 100-Options口座開設はコチラ

100op-bnblk

 

優良な情報配信を心掛けさせて頂いております。
是非とも応援お願い致します!
⇒⇒ 為替・FX ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。